読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アミバ計画

アミバ計画とは・・突如編み物に目覚めたオバちゃんが、肩こり・老眼にもめげず「将来の年金額より地球温暖化が心配」などとほざきつつ「愛すべき編み物ばあちゃん」を目指す活動計画である。なお、「アミバ」とは「編み物ばあちゃん」の略称であり、某コミックの某キャラクターとは一切関係は無い。

たぶんムーミン谷出身ではない編みニョロ的な何かが発生しました

最近やけにムーミングッズを目にするようになりました。私は子供の頃、テレビアニメの『ムーミン』を毎週リアルタイムで見ていた世代なので違和感はありませんが、ちょっと不思議です。本屋さんにはムーミンキャラクターたちの編みぐるみの本まであるし…本を見つけたときはちょっと興奮しましたよ。

当時は日曜の夜といえば『サザエさん』『アタックナンバーワン』『ムーミン』とそれはもうまさにお子さまのゴールデン・タイム。当時家にはまだカラーテレビが無かったのですが、毎週とても楽しみにしていました。ムーミン谷のキャラクターたちはどれも愛すべき存在でいまでも大好きです。特に、何を考えているのかわからない生物集団・ニョロニョロは「好き」というよりもとても印象に残るキャラクターでした。

ムーミンのあみぐるみ

ムーミンのあみぐるみ

  • 作者: ラウラ・フォンノーリング,Laura von Knorring
  • 出版社/メーカー: 日本ヴォーグ社
  • 発売日: 2015/01/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

編みぐるみ本を 店頭でパラパラめくってみてようやくムーミンブームの謎が解けました。昨年、作者のトーベ・ヤンソンさんの生誕100周年だったのですね。

それにしても、アニメでムーミンに親しんだ私にはどうにも大好きなスナフキンやリトル・ミィの造形に「これじゃない」感がしまして本の購入には至りませんでした。

でも「ニョロニョロ編みたい!(訳:帽子編むのにちょっと飽きた)」で、編んでみました…

f:id:tenyear:20160331210045j:plain

※使用糸:ミニーさん編んだ時の残り・使用針:かぎ針4/0号

…な、なんかあきらかに違う(特に目が)。北欧フィンランド出身ではなく、南国の亜種のようです。小さいムービング・アイならそれっぽく見えたかも?そもそも触手が無いし。集団のほうがニョロニョロぽいなぁ制作過程をコマ撮りアニメにしたら面白そう誰かやってくださ… コホン。失礼しました。

とりあえず、手芸用ハサミが彼の居場所になったようです。増殖させないように気を付けたいと思います。

 

 

では帽子編みに戻ります。また。