読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アミバ計画

アミバ計画とは・・突如編み物に目覚めたオバちゃんが、肩こり・老眼にもめげず「将来の年金額より地球温暖化が心配」などとほざきつつ「愛すべき編み物ばあちゃん」を目指す活動計画である。なお、「アミバ」とは「編み物ばあちゃん」の略称であり、某コミックの某キャラクターとは一切関係は無い。

ああ勘違い:正しい「糸を渡す」やりかた

独学自己流の編み物なので勘違いはままあります。でも、今回の勘違いは笑える。というかなんか変だなと思いつつ強引に事を進めてしまう自分に呆れる…

 

棒針編みのウェアだと襟ぐりや肩下がりなどで「引き返し編み」をすることがありますね。それのかぎ針版のような感じで、今編んでいるプルの編み図に「糸を渡す」という指示がありました。要するに「数目飛ばして次の段を編み始めます。たった数目だから、わざわざ糸を切る・糸をつけるをしないでもいいですよ。ビヨーンと糸を伸ばして目を飛ばしちゃいましょう。ビヨーンの糸は、後で編みくるんでしまえばいいのです。」ってことですよね?

では、やってみましょう。

f:id:tenyear:20160419013154j:plain

前段の最終目をビヨーンと(実際にはツレないようにビヨヨヨーンくらい)伸ばして、指定の目に引き抜きます。で、何事もなかったかのように編み進めて次の段で編みくるむと…なんかゴン太なんですけどー 日清のごんぶとは好きなんですけどー

そりゃそうですよね、通常1本のところを3本取りで編んでることになるんですもの。と、こんな調子で数回「糸を渡す」をやりましたが、やっぱりおかしい。なんか変。

ものすごく編みくるみしにくいし、きれいじゃない。「糸を切る・つける」をしたほうが早くてきれいなのでは?…とここでようやく気が付きました。

 

私のやり方が間違っている。

 

ネットが無かった頃はここで投げ出していましたが、いまは違います。さっそく「糸を渡す」で検索すると、ありました。ああ、やっぱり勘違いしていました。糸ビヨーンのあとの大切な操作が抜けていたのです。それは…

 

f:id:tenyear:20160419015547j:plain

 

ビヨーンの輪に糸玉を通して

 

 

f:id:tenyear:20160419015644j:plain

 

引き締める!そして…

 

f:id:tenyear:20160419015738j:plain

 

コレが正しいビヨーンの糸なのです(オレンジの矢印の糸ね)。

なんだかもう…習うより慣れろとか言いますが、これ、教わらないとわからないような。そういう部分が編み本には書いてないのよねぇ。

 

編み直しも考えたのですが、解くとと絶対に段数間違える自信があるので、今回ごん太部分はごん太のまま編み進めていこうと思います。

 

ではまた。